笑顔いっぱいのPICCOLINO!!

-保育目標と子育て信条(保育者の願い)-

初音丘幼稚園に併設されております子育て支援施設の名前を“PICCOLINO(ピッコリーノ)”といいます。
イタリア語で「小さい子」「かわいい子」を意味します。
当施設は横浜市認定第1号の幼稚園併設型の横浜保育室として誕生し、平成27年4月からは認可保育所へ移行しました。

“ピッコリーノ”の保育目標を紹介します。

初音丘幼稚園には“じょうぶな体・やさしい心・やる気のある子・がんばる子”という子ども像があります。
この子ども像に繋がるようにと、ピッコリーノでは以下のような保育目標を目指す教育・保育を心掛けたいと念じています。

じょうぶな体

健康で明るい園生活が送れる子どもであって欲しい…と願っています。
ご家庭と一緒に頑張りましょう。

やさしい心

日々の園生活を通して、思いやり、やさしい心が持てる子どもであって欲しい…と願っています。
乳児の時からの心の育ちが大切です。

やる気のある子

遊びや色々なことに対して、意欲的に取り組む子どもであって欲しい…と願っています。
小さい時から何事にも前向きな心を持ちたいものです。

がんばる子

遊びや色々なことを最後までやり遂げる子どもであって欲しい…と願っています。
がんばる子ははつねっ子です。

“ピッコリーノ”の子育て信条(保育者の願い)は以下の通りです

“ピッコリーノ”は…

・やさしい先生と小さなお友だちでいっぱいの家で、毎日楽しく遊びます。
・部屋の隅々まで家庭の雰囲気がにじみ出ていて、子供たちにとっては心が安らぐところです。

そして“ピッコリーノ”では…

・子どもたちの遊び心を大切に受け止め、心の安定を図ってまいります。
・年齢の違う子どもたちの関わる生活を大切に育てます。 ・生活習慣の習得にも目を配り、家庭生活の補完に努めます。

もう一言

・何よりも、子どもたち一人ひとりの育ちを大切に考えてまいります。

最後にもう一言

・子育ての喜びが共有できる状況を、ご家庭と園で作っていきたいと考えます。
・共有(家庭と園)と教育また保育の合体が本来の子育て支援の姿ではないでしょうか。

日々の生活づくりの応援がピッコリーノです

“ピッコリーノ”は幼稚園教育と保育園のそれぞれの良さを一つにした施設として、全国で第1号の認定(平成9.10.1)を受けた子育て支援事業のモデル園としてスタートし現在に至っています。仕事があってもわが子に幼稚園教育の機会が得られる、仕事以外でも子育て支援を受けることが出来る…とそれぞれ日々の生活づくりを応援します。

子育ての喜びを共有しましょう

お子さまがよりよき環境の中で育つことが21世紀に生きる今の子どもたちに与えられた大きな課題です。ピッコリーノでは、この課題を念頭に入れながら、全職員が一丸となってお子さまの子育て支援の一翼を応援させていただきますので、ご家庭にあっても子育ての喜びを私どもと共有できる状況をおつくりください。よろしくお願い致します。

園長からもうひとこと

短い時間でもお子さんと向き合う時間を作ってください。短い時間の積み重ねが子育てには大事!!触れ合うことがお子さんお心情を豊かにしてくれます。乳児期の子育ての基本です。ピッコリーノでは、親と子、職員のトライアングルを大切にしながらお子さまの健やかな育ちを見つめてまいりたいと考えます。

ご協力とご理解のほどお願い申しあげます。